2009年7月29日 (水)

書き落とし

今月に入って書き落としたこと。
7月3日、キヨくんのお泊り保育。
夕食はカレーだったそうだが「6回おかわりした」とのこと。
6回おかわり、ということは、7皿食べたのかというと、そうじゃなくて6皿だそうで。
やれやれ。
それなら直径10センチくらいの小皿かと思ったら、20センチ超の皿だったそうで。
それでみんな何皿食べたのかと聞くと、4皿くらいは居たらしいが6皿というのは他の追随を許さず。
まあ、日常からして頷けるが。こっちは食費だけで倒産するかもしれない。
7月25日
去年在特をもらった家族にご不幸が出来、急に里帰りすることに。
それで、ママの勝手な采配で送迎することになってしまいました。
タイ父も連れてゆきましたが、何度見ても飛行機の離着陸は面白いようです。
ご本人たち、お葬式に行くのに。すごく嬉しそうだったなあ。
フラッシュ焚いたけど、やたらと暗い写真です。
CIMG0527-2.JPG

2009年7月27日 (月)

さいたま水族館

日曜は仕事で忙しかったから、今日は代休にしようかと思った。
公園のたぐいも月曜休みが多いので気をつけないといけない。遊水地や茨城県自然博物館(恐竜屋さん)は休みだ。さいたま水族館はやっているというので行ってみるが、食堂なんかはやってない。やっぱり日曜日にはそれだけの価値があるんだな。だから、日曜の仕事はプレミアを付けたいと前々から思っている。料金1・5倍とか。だけど、それがなかなか難しいんだな。
埼玉には海がないから、水族館と言ったって淡水魚しかいないショボイところ。
仕事の電話もワンワン鳴るし、代休というのは難しい。
こちらから2件顧客回りをして、戻るともうすぐ夕食の時間になった。
CIMG0539-3.JPG

2009年7月24日 (金)

ゴーヤ

続いてゴーヤです。
これはまだ小サイズね。
だけど、写真だと大きさがわかりにくいもんです。
ウチでは、タイ料理で煮物。日本人用は炒め物かな。
CIMG0520.JPG

2009年7月23日 (木)

収穫

我が家で獲れるプチトマトです。さて、ミニトマトとどう違うのか知りません。
これがワシャワシャ生えてきます。
やがて食卓に載るんでしょう。
ゴーヤもかなり立派なのが出てきます。
SBCA0016-2.JPG

2009年7月21日 (火)

日焼け

海の次は川。
というわけで、連休3日目は鹿沼の山間部、大芦川に行く。
いつも、かなりの人でにぎわう場所。
車の陣地取りもなかなか熾烈だ。
ご飯とソーセージくらいしか持っていかなかったので、途中で腹が減る。
けど、一度、車を出したら他の人にスペースを取られて入れられない。
腐心して、ペットボトルやバケツで陣地を確保。
市街まで買出しに行く羽目に。
みんな、BBQセットとか浮き輪とか持ってきているのに、準備不足で残念。
というか、去年使った浮き輪なんかがまるで行方不明になってる。
自然の風景なら黒川、魚なら大芦川だと思っているんだけど、金欠気味にてBBQを予定しないから大芦川にしたんだが、魚は多くない。
だけど、子供たちはずいぶん喜んでいた。
水は冷たいし、最初は溺れたらどうしよう?と思ったんだが、水深も浅いしこっちが下流にいれば問題ない。
流されているうちに、キヨは泳ぎを覚えてしまった。
同じような肉団子2匹。兄弟というより、豚の親子みたいだ。
2日間の紫外線でみんな日焼けした。顔だの背中だの痛い。
CIMG0506-3.JPG

2009年7月20日 (月)

強風

予定どおり、茨城の海へ行ってきました。
予報は強風、高波。
こりゃ、監視員の目が厳しくて当たり前の場所じゃあ海に入れないなと思ったので、例によって監視員のいない海へ行く。ここは、もともと1年中、立ち入り禁止なので、監視員はいないし、なお、入り江状のところはほとんど波が来ない。
けど、それでも昨日はやっぱり結構な潮の引きがあるので、子供たちからは目が離せない。カニを数匹捕まえるが、離して帰ってくる。大人が楽しめたわけじゃないけど、しょうがない。
ママは背中を真っ赤に腫らしていた。かなりの日焼け。皮が赤く焼けるタイ人もいるのだな。この後、皮が剥けるのが日本人で、皮が剥けないのがタイ人、という好い加減な判別をしているボク。

時間が空けばちゃんと音楽も聴いてますよ。
カラヤンの一見(一聴?)軽妙なベートーベンに比べて、もっと厚めにドイツ風に聴きたいのなら、ステレオ時代の音でハンス・シュミット=イッセルシュテットをお勧めします。イッセルシュテットは、カラヤンに比べて重いと言えば重いけど、客観的で淡白とされているそうなので、間違った聴き方にはなりそうもない。
今、ヘッドフォンからハイリゲンシュタットが流れています。死に場所を探して彷徨う場面ね。全曲が抽象的な構築の中で、情景的だし歌にもなりそう。表裏一体、パストラーレとの架け橋と言えるかもしれない。
弦だからアナログ録音の勝ね。これがピアノや声楽ならデジタルに軍配が上がるのだから不思議。

2009年7月18日 (土)

無趣味

結婚記念日がどうしたなんて言いながら、結局なんもやってない。
タイ父を連れてきた嫁は、ろくろく面倒見ないで遊び歩いてるし。
今日は珍しく家にいたけど。プランターやるらしい。
こちらも無趣味じゃあなんなので、何年ぶりでクラシックを少し聞こうかと思って機材をつないでみる。PC用のアンプ内蔵ウーファ+サテライトスピーカー/デンオンのCDプレーヤー/フナイのDVDプレーヤー/ヤマハのプリアンプというわけのわからない構成にして様子を見る。フナイのDVDプレーヤーはホントは要らないんだけど、デンオンのトップモデル様はCD-Rとの相性が悪いため代打の役。
大音量はちょっと遠慮するので、デンオンのパワーアンプとパイオニアのスピーカーは相変わらずお休み中。タイへ持っていった安いデジタルアンプとボーズのシステムのほうが良かった。
いま注目を浴びている辻井伸行さんが、有名な難曲ハンマークラビアをやったのは聞いていたけど、それにプラスして、ラフマニノフの2番を選んでいたのは最近知った。なんか趣味が合うなあ。LPで確かアシュケナージ版が大好きだったんだが、CDではアバドとリカドという女性ピアニスト、シカゴフィルの乾いた音のする板しかない。アバドは朴訥忠実で好きだけど、ちょっと曲目と合わない気もする。
寒くて暗くて悲しくて湿っぽくて。涙がボロボロ。そういう曲だもの。
寒いの大嫌いと言いながら、なんでこういうのがお気に入りなんだろう。
これ、タイへ行ってもやってたわけよ。
日本からクラシックのCD持って行って、向こうでステレオ買って。
だけど、聴衆各位には全くウケなかったのは言うまでもありません。
ヘッドフォンはタイ嫁に何度壊されたことか。オーディオテクニカのトップモデルも餌食になって久しい。その後、PC用のヘッドセットも3台くらい壊されたかな。夜中、映画を見ていて使うのだが、なんで壊すのか理解不能。
今回は、100円屋さんのイヤフォンタイプを買ったらタイ父に取られた。もう1度、100円屋さんで900円なりのヘッドフォンタイプを買う。聞いて聞けないこともないレベルだけど、まあ良いか。これも取られるようなら、ちゃんとしたオーディオ用のやつを買っちゃうもんね。
クラシックは心の栄養だな。
死んだ親父が真空管の一体型を使っていて、カラヤンの第5を掛けていた。こりゃ、軽い演奏だねという人もいたが、これが自分の原点になっているのは間違いない。それよりずっと後の版になるけど、カラヤンの第5は自分に合うと思う。
だけど昨日は思った。ベートーベンの第5は確かにある意味で頂点だけど、『俗』な曲だな。純じゃないなって。もっとも『俗』であることが、最大の功績だったのかもしれない。一種の大衆芸能化。モーツアルトのオペラの中で魔笛を推すとしたら同じ意図かもしれない。
夜になったら、ベートーベンの最後のソナタ111番を聞いて泣くんだ。曲と一緒に天国へ登ったんじゃ洒落にならないけど。
いつものエントリとまるで違うでしょ。
フフフ。
ホントは孤独が好きなんだよね。
明日は海だってさ。

2009年7月15日 (水)

梅雨明け

昨日書こうかと思ったんだけど、昼間はピーカンでしたね。
自転車漕ぐのもヤバそうだった。
そうしたら、梅雨明けだって。前日までとは話が違う。
要するに夏本番というわけですが、喜ぶよりも、物悲しさを感じます。
行く夏を惜しむ気分。
夏は始まったばかりじゃないかとおっしゃるでしょうけれど、もう寒いのは嫌だと思うと、夏本番の到来がモラトリアムの終わりのようにも感じてしまう。
小学校も幼稚園も夏の予定が舞い込んできています。
さて、今週末は今年の夏は、何をやるんだか全く決まっていません。

2009年7月11日 (土)

カウ・パット・ガイ

今日のお昼。
まるで辛くないし、日本米だと甘口でグチャッとした感じだよね。
たまにはお付き合い。
SBCA0015-2.JPG

はみ出しミキちゃん

タイじいちゃんことウイ・パンが来てベッドを占領されたミキちゃんは、流浪の果てに事務所で寝るようになってしまった。
ボクたちの部屋は元々広いから寝るスペースはあるんだけど、どうやら、ミキは、夜、自分ひとりでTVを占領したいのだな。このパソコンの隣でいびきを掻いている。
ウイ・パンとママで、毎度のことながら草むしりに精を出してくれている。
かなりの雑草面積が数日で綺麗になった。
そこへ来て、今日はまた小学校の草むしりが予定されている。
これは、ミキとママの担当。
ボクはキヨと公園かな?
明日も仕事だし、あんまり遊べないんだよね。

2009年7月 8日 (水)

日本は暑い

昨日、ママがタイ父を連れてきた。
6月末からチェンライは台風や大雨で飛行機が飛ぶんだろうか?という感じだったらしい。
雨でグチャグチャ。
8月くらいなら、ボクも飛行機が飛ばないなんていう事態を何度か経験しているけど。
日本へ着いたら、クソ暑く感じたのだろう。
なんでこんなに暑いのよ。タイより暑い。と文句を言っていたが、
暑いのは今日だけさ。と応じた。
タイ父も、ホーン!を連発。
ホーンは、ヌア語でローンと同じね。
夕方、エアコンにエレクックで久しぶりにブレーカーが落ちる。
情けない。

2009年7月 6日 (月)

大人はタダ

日曜日。
ミキとキヨ、ミキの友達2人を引率して隣町のプールへ行く。
市営の温水プールなんだそうだが、7月から小学生は300円に値上げ。
午前・午後・夜の3入替制になった。
値上げされた小学生たちはブツブツ。
それが、キヨについては大人が付添いで入らなければならない制度で、こういう場合、大人料金のほうが高いのが常なんで、ボッタクリに遭った気分にさせられるもんだが。
ところが、ここは付添い大人はタダで、付添い専用の帽子を被らされる。
これには驚いた。
1年生ですとウソをつけば、付添いの面倒臭さはなくなるが、
幼稚園料金100円が、小学生料金300円+大人500円となって、700円の損だから、ウソはつかないな。
中に入れば写真とは大違いで、大きいプール1面、小さいプール1面、ウオータースライダー1基で、とてもリゾート気分じゃない。
メガネを掛けていると怒られる。そんなこと言ったって、外したら子供を監視できないじゃないか。
それに60分のうち10分休憩が入る。
要するに学校の延長みたいなもんだな。
何年も前に一度行った記憶があるが、気に入らないので二度と行かなかったんだろう。
ちょっとは運動になりました。

2009年7月 1日 (水)

半年

いつの間にか、今年も半年終わってしまいました。
良かったような悪かったような。
波があり過ぎですよね。
平均すると中の下くらいだったでしょうかね。
フィルムを読み込めるスキャナをジャンク品で購入。
パーツ欠品もあるが何とか動いています。
Jun25007-2.JPG