2009年8月10日 (月)

遊水地でやりました

日曜日、遊水地でやりました。
今年の夏は、どんより曇ばっかりで夏っぽくないですが、このくらいのほうがクーラー使わず省エネかも。
昨日の天候も雲一面で、朝にはパラパラ来ましたが、何とか日中は天気が持ちました。
渡辺さんご夫婦と息子さんに息子さんのお友達数人を交えて、BBQと釣りをやりました。
あんがい紫外線が強かったらしく、日焼けして顔や背中が痛かったりします。
釣りのほうは、大型魚と持久戦をやってくれたようですが、結局、吊り上げるに至らなかったそうで、残念。
またやりましょうね。
CIMG0615-2.JPG

2009年8月 9日 (日)

女王バチ

昨日の夜はなぜか4人で寝ることに。そこで出たネタ。
女王バチ・・・ママ。1人でローヤルゼリーを食ってる。
ミツバチ1号2号・・・ミキ、キヨ組。太りすぎで飛べなくなりそう。
オスバチ・・・トーチャン
だということなんだが、オスバチなんていうのがあったっけ?
働きバチじゃないのかな。
ママが肩モミしろとミキに命じて、それがどうたらで始まったネタだったように思う。我が家の縮図かな?
ハタから見てるとどこが面白いんだかわかんないかもしれないけど、なんか笑えた。

2009年8月 2日 (日)

お寒うございます

土曜日。
例年、キヨの盆踊り、花火のレンチャンをする日。
朝は御神輿の造花作りにママ、ミキ、キヨで参加。
盆踊りは5時から。タイじいちゃんも含めて5人で行ったら、「みんなで来てくれてありがとう。奥さん着物がお似合いで」なんて言われて、すぐその気になってる。ミキが理事長に捕まり、そろそろお父さんを抜くね、なんていわゆる社交辞令を言われたりする。例年、このくらいの時間帯は、湿度と高温で息が出来ないくらいの苦しさを覚えるのだが、寒くも暑くもないというのが昨日の天候。
次に花火はどこにするかということになるんだが、例年は古河の花火こと三国橋のあたりに上がるのをこちらの土手から遠景で見る。去年は下妻の砂沼の花火まで遠征した。下妻の友達からも電話が来たが、あれこれあって、こちらの土手に上がる。見えたのは古河のほか、足利らしきのとその少し北側にも上がっていた。
みんなの口から出る言葉は「寒いねえ、寒いよう、帰ろうかあ、寒いのはみんな我慢するの」。
1時間くらいは我慢したけど、寒さに耐えられずに途中放棄した感じ。
トーチャンはキヨに移された風邪で余計に寒さを感じる。
こんな8月ってアリかな?
CIMG0569-2.JPG

2009年7月29日 (水)

書き落とし

今月に入って書き落としたこと。
7月3日、キヨくんのお泊り保育。
夕食はカレーだったそうだが「6回おかわりした」とのこと。
6回おかわり、ということは、7皿食べたのかというと、そうじゃなくて6皿だそうで。
やれやれ。
それなら直径10センチくらいの小皿かと思ったら、20センチ超の皿だったそうで。
それでみんな何皿食べたのかと聞くと、4皿くらいは居たらしいが6皿というのは他の追随を許さず。
まあ、日常からして頷けるが。こっちは食費だけで倒産するかもしれない。
7月25日
去年在特をもらった家族にご不幸が出来、急に里帰りすることに。
それで、ママの勝手な采配で送迎することになってしまいました。
タイ父も連れてゆきましたが、何度見ても飛行機の離着陸は面白いようです。
ご本人たち、お葬式に行くのに。すごく嬉しそうだったなあ。
フラッシュ焚いたけど、やたらと暗い写真です。
CIMG0527-2.JPG

2009年7月27日 (月)

さいたま水族館

日曜は仕事で忙しかったから、今日は代休にしようかと思った。
公園のたぐいも月曜休みが多いので気をつけないといけない。遊水地や茨城県自然博物館(恐竜屋さん)は休みだ。さいたま水族館はやっているというので行ってみるが、食堂なんかはやってない。やっぱり日曜日にはそれだけの価値があるんだな。だから、日曜の仕事はプレミアを付けたいと前々から思っている。料金1・5倍とか。だけど、それがなかなか難しいんだな。
埼玉には海がないから、水族館と言ったって淡水魚しかいないショボイところ。
仕事の電話もワンワン鳴るし、代休というのは難しい。
こちらから2件顧客回りをして、戻るともうすぐ夕食の時間になった。
CIMG0539-3.JPG

2009年7月21日 (火)

日焼け

海の次は川。
というわけで、連休3日目は鹿沼の山間部、大芦川に行く。
いつも、かなりの人でにぎわう場所。
車の陣地取りもなかなか熾烈だ。
ご飯とソーセージくらいしか持っていかなかったので、途中で腹が減る。
けど、一度、車を出したら他の人にスペースを取られて入れられない。
腐心して、ペットボトルやバケツで陣地を確保。
市街まで買出しに行く羽目に。
みんな、BBQセットとか浮き輪とか持ってきているのに、準備不足で残念。
というか、去年使った浮き輪なんかがまるで行方不明になってる。
自然の風景なら黒川、魚なら大芦川だと思っているんだけど、金欠気味にてBBQを予定しないから大芦川にしたんだが、魚は多くない。
だけど、子供たちはずいぶん喜んでいた。
水は冷たいし、最初は溺れたらどうしよう?と思ったんだが、水深も浅いしこっちが下流にいれば問題ない。
流されているうちに、キヨは泳ぎを覚えてしまった。
同じような肉団子2匹。兄弟というより、豚の親子みたいだ。
2日間の紫外線でみんな日焼けした。顔だの背中だの痛い。
CIMG0506-3.JPG

2009年7月20日 (月)

強風

予定どおり、茨城の海へ行ってきました。
予報は強風、高波。
こりゃ、監視員の目が厳しくて当たり前の場所じゃあ海に入れないなと思ったので、例によって監視員のいない海へ行く。ここは、もともと1年中、立ち入り禁止なので、監視員はいないし、なお、入り江状のところはほとんど波が来ない。
けど、それでも昨日はやっぱり結構な潮の引きがあるので、子供たちからは目が離せない。カニを数匹捕まえるが、離して帰ってくる。大人が楽しめたわけじゃないけど、しょうがない。
ママは背中を真っ赤に腫らしていた。かなりの日焼け。皮が赤く焼けるタイ人もいるのだな。この後、皮が剥けるのが日本人で、皮が剥けないのがタイ人、という好い加減な判別をしているボク。

時間が空けばちゃんと音楽も聴いてますよ。
カラヤンの一見(一聴?)軽妙なベートーベンに比べて、もっと厚めにドイツ風に聴きたいのなら、ステレオ時代の音でハンス・シュミット=イッセルシュテットをお勧めします。イッセルシュテットは、カラヤンに比べて重いと言えば重いけど、客観的で淡白とされているそうなので、間違った聴き方にはなりそうもない。
今、ヘッドフォンからハイリゲンシュタットが流れています。死に場所を探して彷徨う場面ね。全曲が抽象的な構築の中で、情景的だし歌にもなりそう。表裏一体、パストラーレとの架け橋と言えるかもしれない。
弦だからアナログ録音の勝ね。これがピアノや声楽ならデジタルに軍配が上がるのだから不思議。

2009年7月11日 (土)

はみ出しミキちゃん

タイじいちゃんことウイ・パンが来てベッドを占領されたミキちゃんは、流浪の果てに事務所で寝るようになってしまった。
ボクたちの部屋は元々広いから寝るスペースはあるんだけど、どうやら、ミキは、夜、自分ひとりでTVを占領したいのだな。このパソコンの隣でいびきを掻いている。
ウイ・パンとママで、毎度のことながら草むしりに精を出してくれている。
かなりの雑草面積が数日で綺麗になった。
そこへ来て、今日はまた小学校の草むしりが予定されている。
これは、ミキとママの担当。
ボクはキヨと公園かな?
明日も仕事だし、あんまり遊べないんだよね。

2009年6月14日 (日)

週に1回か?

ここのところ、結構忙しくてブログにまで手が回ってない。
週に1回しか書けないかな?
最近何があったかな?というと、
ミキ兄は近視で、メガネになってしまった。
名づけて、「ブタメガネ」。火曜日にメガネが出来た。
メガネ掛けると少しは利口そうに見えるのだから不思議だ。
キヨは、授業参観で時計がどうした、いうのをやったんだそうだ。これが木曜日。
シルバーアロワナを買う。本物のアロワナに比べて安いけれど、赤やブルー系の色も出ているし、なかなか楽しめる。餌は乾燥エビとのこと。日曜からようやく餌を食べるようになった。冬は温度管理が難しいかな。あんまり大きくならないでね。
土曜、友達が来て飲んでた。夕方からタイ店に行ったが帰宅時間は不明のまま。
今日は腹わたがキモイ。
CIMG0478-2.JPGCIMG0475-2.JPG
CIMG0480-2.JPG

2009年5月 6日 (水)

今年のGW

5月2日は、幼稚園もあったし仕事もした。
3日、茨城の友達Pちゃんが呼んでいるというので、出かけることにする。
走り出すとママが、先に海に行ってから、Pちゃんの家だと言う。
ミキが海へ行くと言ったからその順番になったというけど、そういう約束はしてないし、第一、海の装備はない。
だけど、まずは海だということになった。
大竹海岸でハマグリ祭りがあるんだが、路地を曲がってから海岸が大渋滞を起こしていることに気づく。それに車1台2500円だという。徒歩組からも1人500円も取ると言う。まったく茨城の海は毎度ドロボウだと思う。何年か前は駐車場は無料でBBQも出来たんだ。
ただ、これがインチキ祭りで、バギーでハマグリを撒いてからお客に拾わせるというチンケなシステム。もう2度と行かないだろうね。
というわけで、ここに隣接する別所ビーチへ行く。サーファーが多い。危険立入禁止という場所だが、現実はプール状で波もない、監視員もない。BBQもやり放題。良いところなんだが遊ぶ道具を持ってない。
途中で電話があり、Lちゃんが引っ越したから新居へ来いと言う。
こういう場合、Pちゃんの約束はどうしたんだか?
海からLちゃん宅へ回る。
2Kのオンボロ借家から50坪クラスの本格木造平家へのお引越し。
こりゃ、広いや。
AM2時まで飲んで帰宅。
4日、ママがもう一度出掛けると言う。
もう疲れてたんだが、ブツブツうるさいので、去年と同じ西伊豆へ向かう。
走り出して間もなくNストアから電話でBBQに誘われるが断る。
大忙しだね。
このGWは1000円高速だのと、TVでやってるほどの大渋滞ではない。
けど、沼津を下りた後、この小さめの街が案外の渋滞で進みが悪い。
「ららら・・・ビーチ」というところで駐車料700円だという。それも5時には閉めると言われる。あと1時間くらいしかない。国有地なのに私人が料金取るのかよ!
ママが500円にしろと交渉する。さすがタイ人だと思うが、日本人の管理人は動ぜず。
そこから、去年と同じ、戸田(トダじゃなくて「ヘタ」と読む)の民宿に電話を掛けて宿を頼む。
「何で出掛けるときに言ってくれない?」と去年と同じ文句を言われ、素泊まり飯抜きの条件となる。
海へ行きながら、カップラーメンだのハンバーグ弁当だのを食べる。
5日、朝から小雨。
富士山もちょっとしか拝めない。
今度は代金500円なりの駐車場に止める。
カニ、エビ、小魚、ヒトデ、ヤドカリなんかがいる。
ここを管理するオバちゃんは、雨が降ってくると見るや集金だけしてトンズラしてしまった。「カップラーメンにおやつに、お湯も用意できます」と言った舌の根の乾かないうちに、もうシャッターが下りている。海の商売は、タイ人のコズルさをも凌ぐ。
というわけで早めのご帰宅。
6日。ママが起きてきて、「佐野の公園の近くにあった回転寿司が美味かった。食べに行こう」と言う。
当然、公園で遊んで腹が減ったら寿司なんだと思った。
そうしたら、公園はパスして、寿司だけなんだそうだ。
どこの回転だったか?
とにかく食うだけ食って戻ってくると、ミキはどこか友達を探しに行くし、ママは何用か出かけてしまうし、しょうがないからキヨと留守番となる。
CIMG0422-2.JPG
CIMG0428-2.JPG
SBCA0004-2.JPG