2009年6月 7日 (日)

修学旅行

ミキ兄の修学旅行は、木曜金曜で横浜鎌倉方面だったらしい。
大仏さんの写真をボコボコ撮ってきたって面白くも何ともない。
自分の写真がほとんどない。
それにしても何で今のような天気の悪いときを選ぶんだろう。
ここのところ視力の落ちているミキ兄だが、お陰で診察日がパスになってしまった。
さて、今日は外で遊べるかな。
IMG_0127-2.JPG

2009年3月13日 (金)

ミキヒロくん

話は昨日の続き。
医者というのは、D医科大学小児科KK准教授。
昨日の朝の段階ではウイルスを検知できないと見て、今朝までに熱が上がったら検査して決定しましょう、ということだ。要するにグレー。熱が上がらなかったら検査しないのだから、その場合は不明のまま決着することになる。
そういうことを学校に書き送ってやったら、電話が来て、インフルエンザだったんですか?という問い。だから、わかんないっていうの。いわく、熱が上がらないインフルエンザが流行している、っていうんだそうだが、そういう学校の言い分なら、KK准教授と意見を異にするのだから、直接遣り合ってもらう以外にない。
こっちは医者と学校の板ばさみで良い迷惑になる。
ともあれ、ミキの症状は大したことはないようで、ハナが出るだの頭がクラクラするだのいう程度で熱も上がらない。
レンタル返しと食事に連れてゆく。
レンタル屋では借りるんじゃなくて、中古の漫画を買う。
飯はステーキが良いというので、隣町に出来た980円也に行くが、激混み。
しょうがないので時々行くチェーンのハンバーグ屋さんにする。
思えば、この子と2人というのも珍しくなったものだ。
手間が掛からなくなったとか、友達と一緒で親は要らないとか、こっちが忙しいとか、新居で部屋が別なったとか、要素は色々ある。幼稚園から小学校の最初のころは、ずいぶん2人きりだったこともあったんだが。
この子が生まれてきたときが、人生の重大転機だったと今でも思い出す。下の子は、重大事でもないんだな。オマケみたいなもん。

2009年3月12日 (木)

今ごろ

珍しくミキがお休み。
喉痛、くしゃみ、ちょっと熱。
ウチに出入りしている友達2人がインフルエンザでお休み中とのこと。
やばいかな、と思って医者に連れて行くと、医者いわく「わかんない」。
今夜熱が高くなったら、明日、インフルエンザの検査だそうです。
今ごろ、インフルエンザ流行中とのこと。

2008年12月 6日 (土)

ボーリング

子供育成会のボーリング。
この役員は2年間なのだが、これで今年の行事も終わり。
幸いに来年も平役員で済んだ。
写真のミキは鼻の頭にガムの包み紙を貼ったらしい。
ヒョウキン馬鹿族っていうところかな。
DCF_0004.JPG